急逝してしまったディープインパクトの功績を讃え、2010年にデビューした産駒から今日に至るまでの活躍馬をgⅠ勝利数別に分けてまとめてみました。如何に本馬が日本競馬に与えた影響が大きいかを目の当たりにしてもらえる筈です。 ◆10/25(日)菊花賞の無料買い目 馬連15.7倍/三連複22.3倍=38,000円獲得 ◎皐月賞:36,600円(回収率653%) ワイドでガミるも馬連でフォロー(15,000円→18,650円) 無料登録後【軸馬速報】という箇所をクリック!, ◎無料予想サイトを徹底検証! ◆ワイド実績(無料) ディープインパクトの掲示板です。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。 BOX買いなので点数多めでも回収いい感じなのでココは毎週要チェックです!, 一か月強、無料情報の結果だけ! 馬連4-3-2(5-1-3番人気)的中! ■集計期間:9月26日~ ◎日本ダービー:14,800円(回収率276%) ■馬連:回収率303% ワイド:回収率70% 土日2鞍/単勝・三連単, メディアで取り扱わない情報やデータを精査。3連単連続的中の【Gプレミオ】は必見! 一緒に公開しているワイド情報もかなり激アツなんです! 1000円×93.5倍=93,500円獲得 土日4鞍/三連複・ワイド, ネットでも話題!今最も勢いのある新星サイト。特注レースの厳選買い目を無料公開 急逝してしまったディープインパクトの功績を讃え、2010年にデビューした産駒から今日に至るまでの活躍馬をGⅠ勝利数別に分けてまとめてみました。如何に本馬が日本競馬に与えた影響が大きいかを目の当たりにしてもらえる筈です。, 海外のドバイシーマクラシックも含め、ディープインパクト産駒ではダントツの7勝を誇るジェンティルドンナ。特に3歳時に見せたジャパンカップでのオルフェーヴルとの激闘は未だに忘れる事が出来ません。そのほか、牝馬三冠ではヴィルシーナとのライバル争い、有終の美を飾った有馬記念など、その成績以上に人々を魅了し続けた本当にファンの多い名馬でしたね。繁殖牝馬として、自身以上の産駒を出して欲しいと願うばかりです。, セレクトセールで2億4000万円もの落札額で購入されたサトノダイヤモンド。デビュー前からその注目度は異常なまでに高かったのですが、それ以上の活躍で3歳時に菊花賞と有馬記念を制した逸材です。その後、海外遠征を期に調子を落としてしまい活躍は続きませんでしたが、まさに理想とも言うべき馬の完成度は本馬以上のデキを見た事がありません。誰しもが惚れ惚れする様な馬体と身のこなし、走法などは他の追随を許さない存在だったと思います。, 牝馬ながらジャパンカップを制した古豪、3歳時には秋華賞も勝利しており牡馬顔負けのGⅠ2勝を誇るショウナンパンドラ。その差し脚はハマれば他馬が止まって見える程で、瞬発力という点においては過去のディープインパクト産駒の中でもトップクラスの持ち主でしょう。母系は名牝ゴールデンサッシュ系の出自で、自身もきっと繁殖牝馬として多数の活躍馬を出してくれるに違いありません。, 短距離戦線で長く活躍したミッキーアイル。マイルGⅠを2勝とディープインパクト産駒にしてはスピードが勝ったタイプの競走馬でしたが、やはり何と言ってもその先行力が魅力の1頭。母系のステラマドリッド一族からは他にもアエロリット、ラッキーライラックなどの屈強なマイラーが揃っているため、母型の血が色濃く遺伝した結果だったのでしょう。自身も種牡馬として、スピード色豊な快速馬を多く産んでくれそうな予感がします。, 2016年の日本ダービー馬マカヒキ。同年に凱旋門賞へもチャレンジした名馬ですが、そこをキッカケに調子を崩してしまってなかなか全盛期の頃の走りを見られないでいます。とは言え、掲示板争いを繰り返す内に賞金はそこそこ稼いだ様で、GⅠ1勝ながらディープインパクト産駒の中では賞金順で5傑に入っております。ディープインパクトが死んだ以上、金子ブランドの牡馬では本馬が正当な後継種牡馬となるのでしょうか。, 皐月賞、大阪杯と2000mのGⅠを2勝しているアルアイン。中距離のスペシャリストですが、マイルから長距離まで対応できるオールラウンダー的なキャラクターでもあります。ディープインパクト産駒の割には瞬発力が無いタイプで、どちらかと言えばハイペースや重馬場などのタフな競馬で本領を発揮する1頭。その分、競走生活も長く馬主にとっては孝行息子的な立ち位置でしょうか。, オークス、秋華賞を制したミッキークイーン。その後も、ヴィクトリアマイル2着、エリザベス女王杯や宝塚記念で3着など長く牡馬とも混じって戦った女傑です。安定した末脚で展開や条件に関係なく、ゴール前では常に上位争いに加わる走りは非常に頼もしい存在でした。惜しむらくは、主戦が浜中俊騎手で無ければ恐らくもっとGⅠを勝てたのではと思わされる1頭。, 獲得したGⅠはマイルチャンピオンシップ1勝のダノンシャーク。しかし、2歳デビューから7歳で引退する5年間、ほぼ長期的な休養は無しでコンスタントに走り続けた“無事是名馬”の代表馬でしょう。マイル路線を中心に重賞を3勝、約5億近い賞金を稼ぎ出した実に馬主孝行な競走馬人生を歩んでいます。ちなみに、本馬はセレクトセールで3150万で落札。こんな馬と巡り逢いたいものです。, ディープインパクト産駒の晩期で最も印象深いのはやはりキズナでしょうか。武豊騎手の復活劇、漆黒の馬体に飛びの大きい父と似た走法など、当時はテレビの密着取材まであった程の話題性に富んだ1頭です。15歳上にGⅠ2勝をあげたファレノプシスがいる血統馬で、ディープインパクト×Storm Catの黄金配合の基礎を築き上げたパイオニアでもあります。新種牡馬として初年度産駒からいきなり重賞ウィナーを輩出。, 2013年のマイルチャンピオンシップ馬であり、天皇賞春でも2着に入ったトーセンラー。短距離から長距離まで幅広くこなし、安定した末脚で活躍した1頭です。アメリカのGⅠ馬で種牡馬入りしたFlower Alleyの半弟という良血も買われ、引退後は種牡馬として活躍。初年度から無敗の3連勝でプリンシパルステークスを制したザダルなどをターフに送り込んでいます。, 2013、2014年のヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナ。同世代にジェンティルドンナという怪物がいた為に、自身は3歳時のクラシック三冠を全て2着という不運な星の下に生まれた競走馬でもあります。弟シュヴァルグラン、妹ヴィブロスが立て続けにGⅠ馬になるなど、一族の勢いは現在No.1クラスのファミリーで、自身も繁殖牝馬としての資質を高く評価されています。今後の産駒に期待したいですね。, 6歳にして安田記念を制覇したサトノアラジン。デビュー前から期待された超良血で、サトノダイヤモンドまでは行かずとも自身もセレクトセールで1億円を超えた高額取引馬です。自身の適性を考えても、思い返せばクラシック戦線には不向きであった為、若駒の時はろくに結果が出なかったのも仕方ありません。徐々に短距離路線へシフトチェンジし、長いトンネルを潜り抜けて引退前にひと花咲かせた苦労馬でもありますね。, 日本ではGⅠにあと一歩届きませんでしたが、ドバイターフで念願のタイトルを獲得したリアルスティール。祖母MonevassiaはあのKingmamboの全妹にあたる世界的名血で、その系譜はNureyev→Mr.Prospector→Storm Catと豪華過ぎとも言うべき種牡馬の代重ねで構成されています。そこにディープインパクトを掛け合わせた本馬が種牡馬で失敗するとは到底考えられません。真の後継種牡馬は、キズナでもサトノダイヤモンドでもなく、このリアルスティールではないでしょうか。, 古馬になってから大成したマリアライト、宝塚記念ではあのドゥラメンテとキタサンブラックを破っての制覇だけに相当なポテンシャルを秘めた1頭だったのでしょう。母クリソプレーズは、キャサリーンパーの血を受け継ぐ繁栄ファミリーの出自で、本馬の他にもクリソライト、クリソベリルに、リアファルといったGⅠクラスの馬を何頭も輩出しています。よって、このマリアライトも繁殖として成功する可能性は非常に高く、自身を超える大物を出してくれる事を期待したいですね。, 記念すべきディープインパクトの初年度産駒リアルインパクト。3歳時に安田記念へ果敢にも挑戦し重賞未勝利の身ながら見事にタイトル制覇を成し遂げた1頭です。その後も堅実に走り続け、7歳時にはオーストラリアに遠征し現地のGⅠジョージライダーステークスを制するなど、如何なる条件下でも能力を発揮するタフな精神力を持ち合わせた競走馬でした。種牡馬としても仔出しが良いとの評判で、2019年の初年度も滑り出しは好調の様です。, 2018年のダービー馬ワグネリアン。鞍上に福永祐一騎手に悲願のタイトルを獲らせた馬として一躍注目を浴びましたが、それ以上に凄いのは金子真人オーナーが本馬で4度目のダービー制覇という事です。“ダービーオーナーは一刻の宰相になるより難しい”と言われている中、個人馬主で、しかも自身の所有していたディープインパクトの仔で親子二代制覇を股にかける人は恐らくこの人物以外にいないのではないでしょうか。. ──────────────────── 三連複1-3-5(1、2、7番人気)的中! ディープインパクトは2002年生まれの種牡馬です。 芝1400~2400mまで複勝率30%超 と非常に優秀で条件を問わず走ります。 特に京都競馬場の成績は抜群でどちらかと言えば右回りの競馬場を得意としていますが、スプリント戦や芝2500m以上の長距離戦は苦手としています。 ◆11/15(日)阪神8R 馬連4-6(6、7番人気)的中! ■レース数:24レース ■回収率:338% なんとなんと+85万越え (正直ビビりました) 1日の投資額は3万円とリスクあり、毎日必中ではありません。 新登場サイト【キャリーオーバー】 今週はマイルCS含め3日間開催全日で無料予想を公開! 土日2鞍/三連複. この秋確実に稼ぎたいならこのサイトが1番です。, リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。, 芝1400~2400mまで複勝率30%超と非常に優秀で条件を問わず走ります。特に京都競馬場の成績は抜群でどちらかと言えば右回りの競馬場を得意としていますが、スプリント戦や芝2500m以上の長距離戦は苦手としています。, 芝1600~2000mの重賞では圧倒的な強さを誇り、仕上がりの早い産駒が多いため春のクラシックでは絶対的な存在でダービー5勝、桜花賞5勝などを挙げています。, ダートは苦手としており重賞勝ちはボレアスのレパードSと京都で行われたアンジュデジールのJBCレディスクラシック。, 比較的走っているのは1700~1800mで下級条件ではそれなりに走りますが、回収値も低く敢えてダートで狙う要素はありません。, ほぼ全てのコースで複勝率30%以上と高レベルで安定しています。ローカルより中央4場の成績が良く、特に京都・阪神競馬場の重賞での信頼度は非常に高いです。, スローペースから末脚を活かすタイプが多いため、ある程度直線が長めの競馬場の方が向いています。直線の短い函館や直線が短い上に馬場が荒れやすい福島では成績を落としやすい傾向にあります。, 新馬戦からGⅠまで回収値はほぼ変わりません。特に新馬戦の勝ち上がり率は抜群でクラシックでは強い反面、牡馬は古馬になってからの成長力はイマイチです。, またジェンティルドンナが1頭で稼いでいるのもありますが、国内GⅠは牡馬25勝に対して牝馬27勝となっており、マリアライトやショウナンパンドラのように牡馬に混じってもGⅠを勝つ能力があります。, 特に古馬王道では牡馬より牝馬の活躍が目立ち、牡馬は4歳以降になるとマイルで結果を残す産駒が多く見られます。, 距離延長・短縮はどちらも無難にこなしています。唯一500m以上の延長になると成績を大きく落としていますがこの条件に当てはまりやすいのが菊花賞や天皇賞・春。近年はサトノダイヤモンドやフィエールマンが長距離GⅠを制していますが、本質的には長距離向きではありません。, また重賞では距離延長より短縮の方が走っています。7番人気でローズSを勝ったタッチングスピーチや8番人気で宝塚記念を勝ったマリアライトなど中穴で好走することもあり、特に若い馬ほど距離短縮で結果を残しています。, ダートは芝と比べると見劣りしますが、下級条件ではどの競馬場でも一定の成績を残しています。, その中でも勝率の高い札幌競馬場、複勝率の高い京都競馬場など多少の特徴はあります。回収値を含めると中山競馬場が馬券的にはお勧めです。最も成績が悪いのは福島競馬場で、芝ダート共に福島は合わないようです。, ダートは買えるとすれば未勝利戦。それ以外は成績・回収値共に振るわず敢えて狙うのは難しいです。, ディープインパクト産駒というだけでダートでも若干人気先行する面があるため、消しデータとして見るのが良いかもしれません。, スピードに優れた産駒が多いため重馬場は苦手というイメージが少なからずありますが、実際は芝コースの成績は良馬場~不良馬場までほぼ変わらず重馬場は苦にしていません。, ダートでは稍重以上になると勝率こそ落ちますが、連対率や複勝率はほぼ変わらないためそこまで評価を下げる必要はありません。, 重賞になると稍重では母父ミスプロ系が強く、ノーザンダンサー系は3着が多いのが特徴です。, 稍重の重賞での母父ノーザンダンサー系の成績は(3-8-20-58)で勝率3.4%に対して複勝率34.8%と極端なので覚えておくといいかもしれません。, 牡馬は年間を通して安定しています。重賞では牡馬の平均勝率12.7%に対して7~8月の重賞の勝率が20%超えとこの2か月間が飛び抜けて高く、9月は5.9%とガクンと落ちます。, 特に9月中山の重賞は2019年11月時点で(2-10-4-35)、優勝したのはセントライト記念のディーマジェスティと京成杯AHのミッキーグローリー。好走しつつも勝ちきれない傾向があります。, 牝馬は4~9月の暖かい季節を得意とするというはっきりした傾向があり、表で見ても季節による差は歴然です。クラスが上がっても同様の傾向が見られます。, ただ10~3月も走らない訳ではなく、他種牡馬と比較すれば十分走っている数字です。重賞では4~9月の勝率13%に対して10~3月は8.7%という成績。, 母父ストームキャット、フレンチデピュティは産駒数の多さに対してGⅠ馬も複数輩出。配合相手を選ばず自身の優れたスピードが強く出た産駒が多いのが特徴ですが、ダンジグ系などノーザンダンサー系との配合が好相性。, 最近では母父キングカメハメハの成績が非常に良く、デニムアンドルビーやワグネリアン、キタノコマンドールなどが代表です。, 11/15無料予想で12万馬券炸裂

.

屋上 物置 危険 5, ティラノビルダー 画像ボタン 消えない 20, 京アニ 生存者 切断 20, 汚損 毀損 違い 13, 読売テレビ 人事 2019 4, Destroy 読み方 カタカナ 5, 船越英一郎 Cm 健康食品 10, どうぶつの森 ぬいぐるみ ゆきみ 30, 弁護士 小島幸保 結婚 25, ダイビング マレア 評判 4, Pubg 火炎瓶 色 変え方 7, 乃木坂46 7th Year Birthday Live 帰り道 は遠回りしたくなる 5, 北海道 検定 難易度 4, 肩こり しこり つぶす 7, Lineブログ 読む には 5, 茨城県庁 採用 2ch 10, 冴えない彼女の育て か た Fine Full 5, Moe 絵本大賞 2020 5, 最適解 志麻 解釈 8, ミディアムボブ ヘアアレンジ ストレート 7, ドローンレース 日程 2020 28, プリティーリズム オーロラドリーム 感想 4, Dhc オリーブバージンオイル Cm 曲 夏帆 15, 運命の人 既婚者 占い 5, 芸能人 辛い 時 7, フジテレビ 嫌なら見るな 結果 41, 関ヶ原 Twitter まとめ 4, 能代工業 バスケ 寮 10, 預金封鎖 ドル タンス預金 40, お天気キャスター ランキング 2019 5, 火垂るの墓 声優 せいた 9,