©Copyright2020 インフルエンサーマーケティング研究所.All Rights Reserved. マスマーケティングは大量生産・大量消費を 求められる時代となってきました。, そこでマスマーケティングに代わって 現在では顧客との関係性を深めたり、 マーケティング戦略はバズマーケティングやコミュニティマーケティング、インフルエンサーマーケティングなど色々な戦略が存在しています。しかしながら、その中でも特に現代の消費者の価値観やニーズが多様化している市場においては、ターゲットマーケティングが最も適したマーケティング戦略の一つであると言われています。, 現代は消費者のニーズも多様化していて、一企業がそれらに全て対応しようとしても全て中途半端な結果に終わってしまう恐れがあります。ブランド力が高く競争力も十二分にある企業は多くの消費者の需要を満たして顧客を獲得することでますます成長していくことが可能ですが、そういったことができない企業においてはターゲットマーケティングで戦略的に市場で生き残る方法を模索していかなければなりません。, ターゲットマーケティングとはどのようなマーケティング戦略なのかはもちろん、ターゲットマーケティングが可能にしてくれることが実際の成功事例、そしてマーケティング戦略を設計する際のステップを順を追って説明していきます。, ターゲットマーケティングの活用方法を知る前に、まずはターゲットマーケティングについて正しい理解をする必要があります。まずはターゲットマーケティングの意味や混同されがちなマスマーケティングとの違いを知りましょう。その後、ターゲットマーケティングを活用する上で押さえておきたいSTPマーケティングについて知り、ターゲットマーケティングのマーケティング戦略における位置づけを把握していきましょう。, ターゲットマーケティングとは、市場を細分化してその中の特定の層にターゲットをあらかじめ絞ることで効率的なマーケティングをしていくマーケティング戦略です。市場の分析や市場細分化はターゲットマーケティングに限らずどのマーケティング手法においても必須なものですが、ターゲットマーケティングの場合はその市場細分の段階から既に顧客の選定が始まっているため、他のマーケティング手法よりも、より慎重で精密な市場細分化が求められます。, ターゲットとする層は「10代の女性」など1つの絞る必要はなく、「10代の女性」、「20代の女性」など複数の層をターゲットに据えても問題はありません。ただし、他のマーケティング手法においてはある程度の新商品やサービスの構想がある上でターゲットを選定してからその構想を微調整していくケースも多い中で、ターゲットマーケティングにおいてはターゲットを確定させてから自社の商品やサービスをそのターゲットが持っている特有の需要を満たせるように構築していきます。, そのため、多くの層をターゲットに据えるマーケティング手法の場合はSNSやインフルエンサーの力によって当初は想定していなかった層に対しても商品やサービスが広がっていくケースもありますが、ターゲットマーケティングの場合はそういった現象はほぼ起きません。ターゲットした層の需要を本質的に満たしていれば大きな売上を記録するものの、少しでもズレている場合はターゲットにした層はもちろんその他の層にも受け入れられることはないので大きく失敗してしまうリスクもあります。, こうしたターゲットを確定するターゲットマーケティングの手法は、しばしばマスマーケティングと混同されることもあります。では、ターゲットマーケティングとマスマーケティングにはどのような違いがあるのでしょうか。具体的な事例をあげながら両者の違いを見ていきましょう。, ターゲットマーケティングは特定の層の需要を確実に満たす商品やサービスを販売することで、売上を伸ばすことを目的とするマーケティング手法です。これはたとえば「10代の女子中学生や女子高生の間で流行しそうな通学鞄を販売する」ことがターゲットマーケティングにおける実際の事例です。10代の女子中学生や女子高生の間で流行しそうな通学鞄は、多くの場合同年代であっても男子学生からは敬遠されるデザインになっています。また、同じ性別で年齢が近い場合はターゲット以外の層にも流行が広がることはありますが、この具体例における通学鞄の場合はいくら年齢が近くても女子中学生や女子高生が好むものを女子大学生が愛用することは考えづらいですし、社会人であればなおさら使うことはないでしょう。すなわち、この例においてはターゲットマーケティングが想定しているターゲットは「10代の女子中学生と女子高校生」であり、それ以外の男子学生や20代の女性といった層に関しては企業側が市場細分化の時点で切り捨てていると言い換えることもできます。, では、マスマーケティングの場合はどうでしょうか。マスマーケティングとはそもそも、現代のように消費者のニーズや好みが細分化する以前の時代に生まれたマーケティング手法です。マスマーケティングが生まれたのは第二次世界大戦後から1970年代にかけての高度経済成長期の時代であり、その時代の日本は「大量生産・大量消費」が当然であるという考え方を持っていました。すなわちこうした状況下においては、企業がそれほど工夫をしなくても普遍的に使用される商品やサービスを販売すれば、特定の層に対する効果的なプロモーションを行わなくても自動的に売上が上がっていきました。つまりマスマーケティングとはターゲットを絞らず全ての消費者を対象に、大量生産を行いテレビCMなどを用いた大量プロモーションを経て、大量消費を引き起こそうとするマーケティング戦略です。, 特定の層に対してターゲットを絞り込んでプロモーション活動においても特定の層に届くように様々なプロモーション手段を駆使するターゲットマーケティングに対し、全ての消費者を対象にしているマスマーケティングは正反対のマーケティング手法だと言えるでしょう。, たとえば先ほどの通学鞄の具体例を適用するのであれば、全員に売れるものを作るのは難しいと判断して「10代の女子中学生と女子高校生」に対する売上だけを目標にして行動するのがターゲットマーケティングです。しかしマスマーケティングの場合は「ユニセックスな見た目で、老若男女問わず使いやすい鞄」を売り出すことになります。広告に関しても、ターゲットマーケティングであればインフルエンサーなどを起用して若年層に刺さる広告だけを打ち出すので40代以上の層は広告はもちろん商品の存在すら知らないケースも珍しくはありませんが、マスマーケティングの場合は全ての消費者が対象となるので全ての消費者に届けるようにSNSだけではなくテレビや雑誌、新聞などの広告も駆使しながら消費者に届くようにします。, こうした全ての市場を対象にするマスマーケティングは、高度経済成長期に生まれたこともあり現在では時代遅れのマーケティング手法だと揶揄されることもあります。しかしながら今回の事例のように特定の商品であれば確かに効果を発揮しづらいマーケティング手法であることは否めないものの、食品や旅行といったそもそも多くの消費者の関心を集めやすいものであればターゲットマーケティングよりもマスマーケティングの方が適している場合もあります。市場を細分化した際の状況や想定されるターゲット層の量に応じて両者を使い分けていくと良いでしょう。, ターゲットマーケティングを学ぶと「STPマーケティング」という言葉を目にすることがあるでしょう。このSTPマーケティングとは「Segmentation(セグメント化)」、「Targeting(ターゲット選定)」、「Positioning(自社企業の魅力のアピール)」の頭文字を取った細分化手法であり、ターゲットマーケティングの具体的なプロセスを可視化したものです。, 市場を様々な角度から分析し、市場調査の上でユーザー層と購買層がどのような人たちなのか、それぞれどのくらいの人数がいるのかを調査していきます。ここでユーザー層と購買層が分かれているのは、たとえば幼児向けのオモチャのような商品は実際に使う幼児ではなくその親世代や祖父母世代が購入者となります。このようにユーザー層と購買層が分かれている市場の場合は、ユーザー層の興味を惹けるような広告を出すのはもちろん、実際に購入するかどうかを決定する権利を持つ購買層に納得感を与えるような広告にしなければなりません。セグメント化の際に、ここを見落としてしまうとどんなにユーザー層に対して訴求力が高くても購買実績に結び付かない恐れがあるので注意しましょう。, セグメント化を終えた後は、その次に自社が競合他社に対して優位な立ち位置を取れるセグメントを選定しなければなりません。ターゲットとしたい層がどの程度の資金力を持っているのか、そこには競合他社が存在していないかを分析しながら、より深くターゲットの購買行動やニーズを分析していきます。このターゲット選定の段階で、ターゲットとすることを決定した層に対して商品の魅力を最大限まで引き上げるのはもちろん、最も効果を発揮させるようなプロモーション方法などの方向性も決めていく必要があります。, 最後に必要な自社企業の魅力のアピールは、ターゲットとした層に対して自社がどの程度のベネフィットを供給することができるかを客観的に分析しながら自らのポジションを確立していきます。商品やサービスの価値はもちろん、それを消費者が手に入れるために要する経済的コストや時間的なコストを考慮しつつ、それでも商品やサービスを利用したいと消費者に思わせるためにはどのような戦略が必要かを考える必要があります。ここで重要なのは、この段階においてはあくまで消費者と自社企業の関係性を考えることに注力すべきという点です。ポジショニングというと競合他社との差別化を想像する人も多いですが、STPマーケティングにおいてはターゲットを選定する段階で競合他社とは違ったターゲットを選定していることも少なくないため、ポジショニングにおいては既に競合他社の存在を考慮することはそれほど重要ではありません。もちろん、既に参入している先発の競合他社に加えて今後新規参入してくるかもしれない競合他社を想定して競争力を確保しておくことは重要ですが、あくまでもそれはオマケであって基本的には消費者に対する自社の立ち位置をどうすべきかという点に絞って考えるようにしましょう。, ターゲットマーケティングは、マーケティング戦略全体においては中流に位置しています。マーケティング戦略とは最初に外部環境や経済情勢などを含めた外部環境の分析を行い、次に市場の細分化とターゲティングをしてからポジションを決め、最後に商品自体の価格やプロモーション方法、消費者の利便性などを考慮するマーケティング・ミックスの考え方を経て上市することになります。, この一連の動きの中で、ターゲットマーケティングは市場の細分化とターゲティングの部分に位置しています。特に市場の細分化においては、この部分で誤ってしまうとそもそもターゲットとして想定している層が存在しなくなってしまう恐れがあります。自社の今までの販売動向だけではなく競合他社の新商品の動向なども見ながら慎重に市場を細分化していくようにしましょう。, 消費者のニーズが多様化する現代において、食品などの一部の商品を除いてマスマーケティングの手法をとることは非常に困難です。その点、消費者の母数が少なくなるため総合的な売上額はマスマーケティングより劣ってしまうものの、企業が意図した通りに売上を確保できるターゲットマーケティングは多くの市場の現実に即していると考えられます。では、そんなターゲットマーケティングはどのようなことを可能にしてくれるのでしょうか。ターゲットマーケティングのメリットを4つ紹介します。, 市場の細分化や顧客の分析はどのマーケティング戦略においても必須ですが、特定のターゲットに対して深く知る必要があるターゲットマーケティングはその他のマーケティング戦略よりも必然的に顧客ニーズの理解が深まります。ターゲットとして定める顧客以外のニーズを調べる労力を全てターゲット層の分析に注力させることができるため、より深く顧客のことを知ることができるでしょう。, ニーズはもちろん、消費行動などもターゲットマーケティングでは詳しく把握することができるようになります。こうして得た顧客の情報は、ターゲットマーケティングを進める上で役に立つのはもちろん、その他のマーケティング手法で売り出そうとしている商品やサービスの市場分析にも役立てることができるでしょう。, すなわち、色々な層に対するターゲットマーケティングを進めれば進めるほど顧客のニーズだけではなく自然と市場全体のニーズや行動特性、消費行動に対する情報が集まっていくのです。大半の企業においては一つの商品だけを売ることはないため、このようにターゲットマーケティングで収集した情報を他の商品やサービスの上市に役立てることによって当初想定していた以上の恩恵を受けることができるようになるでしょう。, 潤沢な資本を持っていて競争力の高い企業の場合、基本的にはターゲットマーケティングではなくマスマーケティング、あるいは両者の間に位置するようなマーケティング戦略によって多くの顧客を確保して売上額や利益を確保しようとします。その企業と同じくらい競争力のを持つ企業であれば、そうした強者に対して市場分析の精度を上げたりプロモーション方法で差をつけることによって市場の勝者になることも不可能ではありません。しかし、残念ながらそれほどの競争力を持たない企業にとっては既に圧倒的な強者がいる市場で一位の座を奪うことはほぼ不可能です。, ただし、ターゲットマーケティングを活用する場合はその限りではありません。広い範囲の消費者に対して訴求力の高いマーケティング戦略をとっている強者の企業に対して、一部の消費者をターゲットに据えることで売上の総額では敵わなくても一部のジャンルにおいては競争力で劣る企業であっても競争に勝つことができるのです。, その点で、ターゲットマーケティングは「弱者の戦略」と呼ばれることもあります。全ての市場において勝利することができなくても、特定の市場で確実に一位を勝ち取ることができるのであれば、それは企業にとって決して悪いことではありません。競合他社に対して一度でも優位性を確保することができれば、そこから知名度が上がって違うターゲットに対してアプローチする力を持つことができるようになるかもしれません。そういった意味で、成功することによってほぼ確実に競合他社への優位性を確保できるのはターゲットマーケティングの強みだといえるでしょう。, 企業にとって有限なコストを有効活用することは喫緊の課題です。その点、ターゲットマーケティングはコストの有効活用も可能にしてくれます。既に触れている通り、ターゲットマーケティングは全ての消費者に対して高い訴求力を発揮する必要はありません。特定の消費者、あるいはそのユーザーと購買層に対する訴求力のみ発揮できれば良いのです。, すなわち市場の全体的な調査や市場の細分化を終えた後は、ターゲットと定めた層に対する調査だけに専念することができます。マスマーケティングに代表されるような他のマーケティング手法でもある程度のターゲット層は選択肢、そこの調査は行います。しかしながら、ターゲットマーケティングとは違いその他のマーケティング手法の場合は、ターゲット層以外にも購買意欲を沸かせることはできるかもしれないと仮定して、その他の層の調査も行わなければなりません。, 最初にターゲットを定めた後はその他の層を切り捨てるターゲットマーケティングと、最初にターゲットを定めるもののその他の層も念のため調査しなければならないその他のマーケティング戦略の違いはここに現れます。当然ながら、特定のターゲット層にのみ照準を絞るターゲットマーケティングの方が、時間的なコストも人的なコストも削減することができるでしょう。企業として重要な課題であるコスト削減を可能にするターゲットマーケティングが重宝されるのも当然の話であると言わざるを得ません。, 競争力をあまり持たない企業であっても、一部の市場にターゲットを絞ることで大企業と対等以上に戦えるようになるのがターゲットマーケティングのメリットの一つです。しかしながら、ターゲットマーケティングの活用方法においてはそもそも競争自体を回避することで、市場を自らの独壇場にすることも不可能な話ではありません。, 市場にもよりますが、市場を細分化してターゲットを選定している段階でその他の競合他社が未だにアプローチをしていないターゲット層を見つけることができる可能性もあります。そこに対してターゲットマーケティングを仕掛けることで、そのターゲット層は必然的に企業が販売している商品やサービスを選択せざるを得ない状況になるでしょう。さらに商品やサービスの質が高ければ高いほど、ターゲット層の満足度も高まるためその他の企業が入り込む余地を奪うことが可能です。, ターゲットマーケティングが可能にするのは、一部の市場における大企業への勝利だけではありません。市場の細分化の精度やアプローチ方法によっては独占市場を作ることすらも可能にしてくれるのです。, 競争力を持たない企業にとっても市場で自らの存在感をアピールするチャンスを掴めるのがターゲットマーケティングのメリットです。では、実際にターゲットマーケティングを使った成功事例にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは成功事例を5つ紹介していきます。, 【新生活2020】パイン材ローテーブル・折りたたみ式 – 節の表情をそのまま生かし、使うほどに味わいが深まるパイン材です。 簡単に組み立て、折りたたみができるので、使いたいときにさっと出して使わないときはコンパクトに収納できます。 – #無印良品 #MUJI #新生活 #新生活の準備 #つながる暮らし #インテリア #インテリア相談 #インテリアアドバイザー #interior #ひとり暮らし #一人暮らし #ひとり暮らしインテリア #一人暮らしインテリア #一人暮らし部屋 #ひとり暮らし部屋 #ローテーブル #折り畳み式 #パイン材, MUJI無印良品(@muji_global)がシェアした投稿 – 2020年 3月月26日午前1時00分PDT, 現在ではショッピングセンターなどに併設されていることも多くファンの多い無印良品ですが、1980年の発足当時にはそれほど知名度を持たない企業でした。しかし、無印良品は発足当初から一貫して「わけあって、安い」というコンセプトのもと、シンプルなライフスタイルを追及する消費者をターゲットにしてマーケティング戦略を実行し続けています。, シンプルなライフスタイルを追及するためのブランドといえば、無印良品を始めとして現在では様々な店舗で購入することができます。しかし、無印良品が発足した当時はシンプルな商品はそれほどなく、むしろ「質は良くても見栄えが悪いため商品化には至らない」というケースも散見されていました。しかし無印良品は商品の見栄えだけではなく品質面も重視することで「品質が良くシンプルな商品を使いたい」という消費者に対するアプローチをすることに成功したのです。, すなわち、発足当時から無印良品は「派手な装飾品よりもシンプルな商品を使いたい」という消費者をターゲットに据えることで「シンプルな家具がほしいなら無印良品が最適」という意識を消費者に持たせることに成功したのです。無印良品はその後、現在まで順調に企業規模を拡大していますがシンプルな商品を売るという路線を崩すことなく経営を継続しているため、今では後発企業の参入が難しいという状況を作り出すことにも成功しています。, 【衣装情報は続きを読むから★】 ピンクのスーツをビシッと着こなして1歳バースデーの記念撮影✨ スタッフの動きに合わせてニコっと笑ってくれる姿がたまらなく可愛いです —————————————– @saorin.ngn さま、素敵な動画をありがとうございました —————————————– 【着用衣装】 ✔︎タキシード ✔︎80㎝ ✔︎1歳 【衣装ブランド】 ✔︎Rideo 【着用シーン例】 #バースデーフォト #端午の節句 .

.

千葉大作 霊 視 12, My Swagger 意味 9, 炎の体育会 Tv11 月2日 9, 怖い話 芸能人 動画 4, ドライブレコーダー 夏 落ちる 5, マイクラ 看板 コマンド 38, 藤井聡太 扇子 音 9, 炭酸ナトリウム 塩酸 遊離 4, ジョンヒョン 葬儀 Seventeen 13, カイジ 喧嘩 強い 4, Aliexpress 転売 違法 36, いつ恋 2話 動画 Pandora 5, 2024年 日本 大事件 5, キューピーハーフ 型紙 なごみ 45, 勝手にシンドバッド 紅白 動画 4, ネプリーグ 乃木坂 動画 53, 市立 松戸高校 指定校推薦 21, 建設業 作業日報 保存期間 7, 友近 朝ドラ ネタ 8, 堀内 清原 なんj 14, キュウレンジャー ラッキー 嫌い 22, 男は時々何をしてもまったく駄目だ という 時がある の だ やれ 26, 長所がないと 言 われ た 7, ダイアナ 事故 生存者 22,