・ボックス席は進行方向に背を向けている席が下座になります。 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時... 通勤中に学べる3分間営業術を見て頂きありがとうございます。 社長や専務はもとより、上役に随行するときは、必ず後ろに位置し … 営業マンの目的は、何よりもお客様に商品を買っていただいて会社の売上に貢献することですよ... 通勤中に学べる3分間営業術を見て頂きありがとうございます。 先輩や上司と一緒に歩いているとき階段を上り下りするときの自分の位置は分かっていますか? 先輩や上司と一緒に廊下を歩くときの自分はどの位置で歩いたらいいのか分かりますか? このようなことを5つのパターンで紹介します。 同行営業のマナーとは?上司と同行で心得ておくべき基本13選について書いていきます。, 本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客様以上に上司に対して気を遣ってしまったり、緊張してしまったりして、普段通りの振る舞いができなくなることもあります。, このような状況は新人営業マンの方によく見受けられます。上司に同行する際は、最低限のマナーを身につけたうえで行動することが大切。ここでは、上司と同行するときに押さえておくべきポイントや、心がけておきたいマナーについてお伝えします。, 3,000人の営業同行の現場から: ~アメリカのトップ企業が使っているのに日本では使われていない営業&コーチングスキル実践集~, 営業マンとして、お客様を訪問する前には、必ず顧客企業の情報を理解しておくのが基本です。営業先への道中、上司からお客様のことについて質問されることも少なくありません。会社のホームページは最低限確認しておき、業種や企業規模などの基本情報はもちろん、どのようなビジョンを持った会社で、取扱商品や主力商品などを伝えられるようにしておきましょう。, また、最近ではSNSを使って情報発信をしている企業も多く、インターネットから多くの情報を入手することができるため、必ず調べておきましょう。集めた情報を整理し、概要だけでも書面にまとめて上司に共有しておくと、気が利く部下だと思ってもらえるでしょう。さらに、営業先に同行する目的について事前に聞き出しておけば、上司の求める項目を踏まえて情報収集できるのでぜひ実践してくださいね。, 上司に同行させてもらうということは、上司が現場で実践する営業スキルを見る機会を与えてくれる、自身の営業に関するアドバイスをいただけるということ。貴重な時間を割いてもらう立場として、普段、上司が営業先に伺う前に準備している資料を代わりに用意するのがマナーです。営業に必要な資料作成は率先してやる必要があります。, 営業マンたる者、名刺は絶対に欠かせないビジネスツール。絶対に切らさないようにすべきです。相手方が複数名いて、万が一途中で名刺を切らしてしまうようなことがあれば、上司や会社の顔に泥を塗るも同じです。営業前に必ず残量を確認しておくのはマナーです。, また、名刺は役職順に階級の高い人から渡していくのが基本なので、慌てて自分が先に渡してしまった、なんてことのないよう、上司がお客様と名刺交換したあとに渡すことを理解しておきましょう。, 上司に同行してもらったとき、上司からマナーができていないと指摘される人の多くは、道中の立ち振る舞いが曖昧になってしまっていることが原因でもあります。自分の立ち位置を十分に理解することが大切。つづいては、移動中のポイントについて解説します。, あなたが新入社員の場合、上司の代わりにできることは雑用くらいだと認識しておくことが大切です。営業資料を持ち歩く、社用車で向かうときは運転する、訪問先への道筋をナビゲートするといったことは新人として率先して行動しましょう。, また、歩くときは上司の少し後ろを歩く、エレベーターに乗るときは先に入って目的の階層を押す、降りるときは上司が先など、基本的なビジネスマナーをわきまえて、上司の行動を先回りした対応も心がけましょう。, 移動中、上司との会話のなかで仕事に関するアドバイスをもらえることがあります。そんなときは、話を聞き流すのではなく、必ずメモを取りましょう。社会人としてメモを取るのは基本中の基本。記憶に頼らず記録する習慣を身につけましょう。, 商談の最中、上司とお客様とのやりとりは、必ずメモを取るようにしましょう。ただ話を聞いているだけでは手持ち無沙汰になったり、先方に不自然に映ったりします。なにより、あとで商談のシーンを思い出そうとしても記憶に残っていないものです。せっかくの機会を生かすためにも、クライアントとの会話のなかで、上司がどのように話を展開しているのか、しっかりメモを取りましょう。営業トークから盗めるものは盗むという貪欲な姿勢が上司に伝わることもプラスに働きます。, 上司が商談に同席する場合、基本的に、お客様はあなたよりも上司と話をします。おそらく、営業中はあなたから先方に提案をすることはほとんどないでしょう。そのため、聞き役に徹することが多くなるはずです。, しかし、話を聞くだけだからといってボーっとしてはいけません。ここでは、良い聞き役になるコツでもある「相槌」を上手く使いましょう。相槌は、会話への参加をイメージ付ける非常に大切な営業スキルです。特に複数対複数の営業では重要になってくるので、会話に合わせて相槌を打っていきましょう。その際の表情にも注目で、硬すぎない真剣な表情や、やや笑顔の前向きな表情でタイミング良く相槌を打てば、先方に良いイメージを与え、営業先の方に覚えてもらえることもあるかもしれません。, 社会人歴が浅いと、会話についていけず、集中力が途切れてしまって、営業先の室内をきょろきょろとよそ見してしまう人がいます。そもそも、話をしている相手の顔を見ずに、室内を見渡すというのは非常に失礼な行為です。特に、無意識になった瞬間が危ないので、商談は気を引き締めて臨みましょう。, 取引先ではお茶を出されることがあります。喉が渇いたからといって、すぐに口をつけるのはマナー違反。上司がお茶を飲んだタイミングを見計らって飲むようにしましょう。お茶に限らず、同行中は上司主導で話が進んで行きますので、上司より先に何かをすることはないと思っていた方が無難です。, 貴重な時間を割いてくれた上司には、帰社後、「本日はお忙しい中、ご同行いただきありがとうございました」とお礼の言葉を伝えるのが社会人としてのマナー。もし伝え漏れた場合は、メールでも構いません。当日中に感謝の意を伝えましょう。, もしかすると次の営業は一人で。そんな気持ちを常に持っておくことは大切で、その気持ちが復習をより良いものにしてくれます。上司に同行して得たことを復習するときに重要なのは、もし自分が一人だったら、という場面を想像して復習することです。, 先方に対する上司の提案で参考になった部分について「自分ならこう切り返す」とピックアップして復習をしていくとよいでしょう。知識不足で上司の提案の意図を理解できないこともあるかと思いますが、その際は翌日、上司に質問してみるとよいでしょう。意欲を伝えることもでき、上司も「同行してよかった」と思ってもらえるでしょう。人は、他人が前向きな姿勢で取り組んでいると感じると、どんどん教えてやろうという協力的な気持ちになるものです。, 同行営業は新人時代にとっては、とても大事なことです。学べることは、たくさん学び自分の糧にしていきましょう。同行を本気で学べば独り立ちした時に困ることも少なくなりますよ!, […] 【関連リンク】同行営業のマナーとは?上司と同行で心得ておくべき基本10選 […], […] 【おすすめリンク】同行営業のマナーとは?上司と同行で心得ておくべき基本10選 […], 底辺レベルの学力だった僕が、

.

ビルド の 出力 先, Iphone12 充電ケーブル 今までの, パワポ テキストボックス ショートカット, ハリーポッター 映画 英語, 車 ブレーキ 深い, 圧力鍋 カレー 玉ねぎ 溶ける, ペイント 塗りつぶし 復元, Mac 起動しない 初期化, Canon プリンタ 縮小印刷 スマホ, 大阪から高知 バス とさでん, 共有メールボックス メンバー追加 Powershell, タスク スケジューラ 0x41301, 韓国 仁川空港 求人, バイク盗難 車種 ランキング, 専門書 買取 持ち込み, ピスト コグ 外れない, グリコ 森永 事件 モチーフ ドラマ, Icloud 写真 オリジナルをダウンロード, バイク 熱に強い オイル, クロスフィット 代官山 料金, ふたりの女王 メアリーとエリザベス ネタバレ, Ipad Pro Webカメラ, シエンタ 5人乗り 色, エアコン リモコン 液晶 映らない, 新玉ねぎ なのに 苦い, 地震 揺れ 英語, シドニー 観光 島, Slack カスタム絵文字 表示されない, 英語 目的語 語順, コロナ 歌 プロジェクト, エクセル 平均以上 色,