測定原理はハーゲンポアズイユの法則に基づいたものとなります。 粘度計の校正に関わるシステムは、標準液の使用者が確立・維持して下さい。, 任意の温度における標準液の動粘度または粘度を算出し使用。JIS Z 8809「粘度計校正用標準液」の解説を御参照下さい。 計算法 53 4.1 動粘度−温度関係式 53 4.2 任意温度における動粘度の推定方法 54 4.3 混合油の混合比の推定方法 55 附属書2(参考) 附属書1以外の方法で混合比を推定する方法 57 附属書3(参考) 混合油の動粘度の推定方法 59 動粘度も軽油の混合割合が多くなるほど低下した が,温 度依存性はナタネ脱酸油が多いほど高かっ た。 2. 室内併行許容差の,軽油,潤滑油(40℃及び100℃)及び残さ燃料油(50℃及び100℃)については,ISO 3104, 3. 引用規格 次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構, アルキルベンゼンには,直鎖形アルキルベンゼンと分岐鎖形アルキルベンゼンがあり,直鎖形アル, キルベンゼンとは,主成分が直鎖形アルキル基をもつベンゼンであり,分岐鎖形アルキルベンゼンと, 1) 流動帯電抑制剤 変圧器において絶縁油循環の際に生じる流動帯電を抑制するための添加剤。ベン, 2) 流動点降下剤 流動点を下げるための添加剤。通常,エチレン−プロピレン共重合体,ポリメタク, 4. 粘度計校正用標準液は、産業界において幅広く活用され粘度の国家計量標準とのトレーサビリティを確実なものとしています。また、工業標準化法、計量法に基づく粘度測定、及び粘度に関わる周辺技術の発展に寄与しています。 配送及び引渡しの一般的な要求事項 絶縁油は特別に洗浄されたタンクローリ車,タンク車又はドラ, 変圧器用及び遮断器用鉱油系絶縁油においては,個々の配送に当たっては,製造業者は少なくとも製造, 流動点降下剤が油中に含まれる場合は,使用者(9)と製造業者間の協定が必要である。この場合,降下剤, 注(9) 使用者は,基油タイプ又は精製方法などの重要な変更が使用者に知らされることなく行われる, ケーブル用鉱油系絶縁油においては,油引渡しに際して少なくとも製造業者名,油のクラス及び添加剤, もし,酸化防止剤又は流動点降下剤が油に含まれる場合は,この点は使用者と製造業者の受渡当事者間, で合意しなければならない。この場合,両方の添加剤の性質を使用者に知らせなければならない。, 備考 製造業者は,使用者に知らせずに原油及び/又は精製工程の大きな変更をすべきではない。, ポリブテンの引渡し時には製造業者側の書類として少なくとも製造業者名,ポリブテンのクラス別及び, a) 各電気絶縁油についてJIS C 2101の附属書に規定した方法によって試験したとき,各絶縁油に対応す, る表に示した値を満足しなければならない。これらの値は機器に封入される前の未使用油にだけ適用, b) JIS C 2101の附属書に規定の方法に示した精度の値は,2回の測定値が一致する範囲の目安として使, 用されるべきであり,附属書表1〜9に規定した値の限界値を広げるものとみなすべきでない。, 備考 変圧器及び遮断器用鉱油系絶縁油では特別な条件での適用の場合などは,他の特性をもった油, が用いられることがある。これらの油はこの附属書に示した値の幾つかを満足しないことがあ, 物理特性  外観  密度  kg/l 20℃  動粘度 mm2/s 40℃  引火点:(10)  密閉式 ℃  開放式 ℃  流動点 ℃  曇り点 ℃(11), 化学特性  中和価 mgKOH/g  水分  mg/kg  腐食性硫黄  酸化防止剤, 電気特性  絶縁破壊電圧 kV  誘電正接 90℃ 50Hz又は60Hz  ガス吸収性, (11) わずかな乳白色だけ,固形生成物の分離は不可。 (12) 8.を参照。 (13) 船荷で引き渡される鉱油の品質。ドラムの引渡しに対しては,次の値が容認さ, 使用する前に処理を行うことが普通であるため,引渡し時の水分については規定しない。幾つかの国では,, 規格として引渡し時に最高限度水分量を規定することが普通である。この場合は水分量は船荷引渡しに対しては30mg/kg未満,ドラム引渡しに対しては,40mg/kg未満が好ましい。, 注(14) 20℃で対応する動粘度は,クラスI油に対しては約40mm2/s,クラスII油に対して, (15) 密度の最大限界値は,油浸絶縁機器が非常な低温に置かれたとき油中に浮遊する, (16) 無添加油には,酸化防止剤が含まれてはならない(3.4の注参照)。 (17) 酸化油の測定は中和価とスラッジに限られる。しかしながら,ある国々では,誘, 電正接も測定されるのが普通である。この場合,誘電正接の値は購買者と供給者の同意によって決められる。, (18) この試験は,配送時に取られたサンプル油が30kVより低い破壊電圧を示し,汚染, 物が比較的緩やかな処理によって有効に除去されることを示すことが望まれる場合にだけ要求される。, ることが普通である。その場合水分含有量は,タンク配送の場合30mg/kg,ドラム配送の場合40mg/kg以下とされている。, 注(19) 20℃で対応する動粘度は,クラスIA油に対しては約40mm2/s,クラスIIA油に対し, (20) 密度の最大限界値は,油浸絶縁機器が非常な低温に置かれたとき油中に浮遊する氷, (21) 酸化防止剤のタイプと含有量は使用者と製造業者の受渡当事者間で契約条項とし, (22) 限界値はまだ規定されていない。単なるガイドではあるが,変圧器の運転において, 満足な特性を与えるとして知られている油は総じて120hを超える誘導期間をもっている。, (23) この試験は,配送時に取られたサンプル油が30kVより低い破壊電圧を示し,汚染, 物が比較的緩やかな処理によって有効に除去されることを示すことが望まれる場合だけ要求される。, 参考 IEC規格では引火点,界面張力,水分及び酸化安定性に関してそれぞれ次のような, は,タンク配送の場合30mg/kg,ドラム配送の場合40mg/kg以下とされている。, るのが普通である。この場合,誘電正接の最大値は使用者と製造業者の受渡当事者の同意によって決められる。, 注(24) 規定の値は最も好ましくない配送条件を考慮している。これらの値は受取り時のものである。, (25) A法又はB法のどちらかで測定された規格値に合うことを要求しており,両方の方法で測定, (27) 40℃での動粘度350mm2/s以下であるクラスIのポリブテン油はコンデンサ及び油通路のあるケーブル, に用いられる。パイプケーブルの充てん油及び油の流動性の要求される他の用途も含まれる。, (28) 40℃での動粘度350mm2/s以上であるクラスIIのポリブテン油はコンデンサ及びケーブルの含浸コンパ, (29) タンクで引き渡されるときの要求値,ドラム引渡しでは30kV以上でもよい。, 注(30) 規定の値は最も好ましくない配送条件を考慮している。これらの値は受取り時のものであ, 注(31) 規定の値は最も好ましくない配送条件を考慮している。これらの値は受取り時のものであ, 注(32) 規定の値は最も好ましくない配送条件を考慮している。これらの値は受取り時のものであ, (34) コンデンサ用として使用される場合だけ必要 (35) 40〜60Hzの間の周波数f (Hz) の場合は,次の式によって換算する。. 今日の雑感(気体の粘度と混合粘度) 12年前 今日の雑感(熱伝達と放射) 12年前 今日の雑感(熱伝達と放射) 12年前 今日の雑感(熱伝達と放射) 12年前 今日の雑感(自然対流熱伝達) 12年前 今日の雑感(強制対流熱伝達) 12年前 複素行列の逆行列と行列の積で、交流回路の基本的な計算2 12年前 この規格は危険な試薬,操作及び装置を使うことがあるが,安全な使用方法をすべてにわた, って規定しているわけではないので,この試験方法の使用者は,試験に先立って,適切な安, なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21に基づきIDT(一致している),MOD, ISO 3104 : 1994 Petroleum products−Transparent and opaquids liquids−Determination of kinematic viscosity and calculation of dynamic viscosity (MOD), ISO 2909 : 1981 Petroleum products−Calculation of viscosity index from kinematic viscosity (MOD), 2. JISと国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。. 高流動点重油又は高粘度重油試料では,試験温度が流動点に近い場合には非ニュートン液体, 状態を示すため,試験結果にばらつきが生じる。このような試料の試験温度は,試料が十分, a) ウベローデ,キャノン−ウベローデ及びキャノン−ウベローデセミミクロ粘度計の測定操作 これら, 1) 粘度計の選定は,試験温度における試料の予期動粘度が表9(ウベローデ粘度計),表10(キャノン, −ウベローデ粘度計)又は表11(キャノン−ウベローデセミミクロ粘度計)の動粘度測定範囲に入, 2) 粘度計を鉛直に対して約30度に傾け,任意温度(9)の試料を保持器取付け管Lから,連絡管P中に, 泡が入らないように,下部試料だめ球Aに入れる。高粘度試料の場合は,下部通気管Mを指又は, ゴム栓でふさぎ,粘度計を逆さにして,保持器取付け管Lの口から吸い上げてもよい。このときの, 試料はかり採り量は,粘度計を鉛直にして保持器取付け管Lに付着した試料を流下させたとき,液, 3) 粘度計(10)を試験温度に保持した恒温槽に入れ,毛管Rが鉛直(3)になるように設置した後,試料が試, 注(10) 試験温度が露点以下の場合は,粘度計内に水が凝縮するのを防ぐため,防湿器を粘度管に取り, 付ける。特に0℃以下の場合は,毛管内が氷結するのを防ぐため,毛管に試料を満たして恒温槽, (11) 静置時間は,試料の動粘度,粘度計の種類及び試験温度などによって異なる。例えば低粘度の, 試料では,40℃のときに約10分間,100℃のとき15分間が適切である。高粘度試料での静置時, 4) 静置時間が経過した後,下部通気管Mを指でふさぎ,上部通気管Nから吸引によって,試料を測, 時標線Eの上方約8mmのところまで引き上げる。揮発性成分を含む試料の場合は,保持器取付け, 5) 吸引又は加圧をやめ,下部通気管Mをふさいでいた指を離し,直ちに上部通気管Nを指でふさぐ。, この操作により,懸垂液面球Bの試料を流下させ,毛管Rの試料が流下しないようにする。, 6) 懸垂液面球Bの試料の流下が終了した後,指を離して試料を自然に流下させる(12)。, 注(12) 流出時間を測定している間は,恒温槽への,他の粘度計の出し入れをしてはならない。, 7) 時計を用いて,試料のメニスカスが測時標線Eから測時標線Fまで通過する流出時間を,0.1秒の, なお,流出時間が200秒未満(ただし,ウベローデ粘度計の粘度計番号0番では300秒未満,キ, ャノン−ウベローデ粘度計の粘度計番号25番では250秒未満),又は1000秒を超えた場合は,粘度, 9) 8)で測定した二つの流出時間から,動粘度を5.8に従って計算する。二つの動粘度の差が表8に示, す許容差を満足している場合には,その平均値を試験結果とする。許容差を満足しない場合は,粘, 度計の洗浄,試料のフィルタろ過及び試験手順を確認した後,1)からの操作を繰り返す。, 備考 表中のyは2回の平均値 参考1. 潤滑油(40℃及び100℃)の許容差は,照合試験を実施して求めたJIS独自の規定値である。, 備考1. 水の粘度(粘性係数)と動粘度について整理しました。 水の粘度と動粘度 水の動粘度(蒸留水) 水などの液体の場合は、温度が上がると粘度、動粘度とも低下します。 引用:JIS Z8809 温度[℃] 粘度[mPa・s] 動粘度[mm2/s][cSt] 密度[g/cm3] 0 1.7906 1.7909 0.999832 5 航空タービン燃料油,潤滑油 (150℃),潤滑油添加剤及び石油ワックスの許容差は,ISOの規定, 3. 潤滑油(40℃及び100℃)の許容差は,照合試験を実施して求めたJIS独自の規定値で, b) ツァイトフックスクロスアーム粘度計の操作 粘度計の形状及び寸法を図14に示す。測定操作は,, 1) 粘度計の選定は,試験温度における試料の予期動粘度が表19の動粘度測定範囲に入るような粘度計, 2) 粘度計を試験温度に保持した恒温槽に入れ,毛管Rが鉛直(3)になるように設置する。任意温度(9)の, 試料を,ピペットを使用して,試料が上部通気管Nに付着しないように注意しながら,試料採取標, 3) クロスアームD中の試料のメニスカスが,試料標線Gの0.5mm以内になるまで,試料をゆっくり, 4) 静置時間が経過した後,下部通気管Mからわずかに吸引(又は,上部通気管Nから加圧)して,, 毛管Rのメニスカスが,上部試料だめDの底部よりも約30mm下にくるようにする(19)。加圧又は, 注(19) 試料のメニスカスが上部試料だめDの頂上部を通過したとき,頂上部に気泡が入らないように, 6) 5.6 a)に従って洗浄及び乾燥した同一の粘度計又は別の粘度計を用いて,2)〜5)の操作を繰り返して,, 7) 5)及び6)で測定した二つの流出時間から,動粘度を5.8に従って計算する。二つの動粘度の差が表, 18に示す許容差を満足している場合には,その平均値を試験結果とする。許容差を満足しない場合, は,粘度計の洗浄,試料のフィルタろ過及び試験手順を確認した後,1)からの操作を繰り返す。, c) ランツ−ツァイトフックス粘度計の操作 粘度計の形状及び寸法を図15に示す。測定操作は,次によ, 1) 粘度管の選定は,試験温度における試料の予期動粘度が表20の動粘度測定範囲に入るような粘度計, 試料を,保持器取付け管Lから入れ,上部試料だめ球Dを完全に満たし,オーバーフロー管Kに, 3) 静置時間が経過した後,上部通気管Nから吸引(又は,オーバーフロー管Kを閉じて,保持器取付, け管Lから加圧)して,試料のメニスカスが測時標線Eの向かい側までくるようにする。加圧又は, 4) 時計を用いて,試料のメニスカスが測時標線Eから測時標線Fまで通過する流出時間を,0.1秒の, 5) 5.6 a)に従って洗浄及び乾燥した同一の粘度計又は別の粘度計を用いて,2)〜4)の操作を繰り返して,, 6) 5)及び6)で測定した二つの流出時間から,動粘度を5.8に従って計算する。二つの動粘度の差が表, d) BS/IP逆流U字管粘度計の操作 粘度計の形状及び寸法を図16に示す。測定操作は次による。, 1) 粘度計の選定は,試験温度における試料の予期動粘度が表21の動粘度測定範囲に入るような粘度計, 試料を,上部通気管Nから試料採取標線G付近まで入れ,液柱に空気が入らないように注意しなが, 試料の下部メニスカスが試料採取標線Hの約5mm下に達したとき,コルク栓又はゴム栓で保持, 器取付け管Lを封じ,試料の流下を止める。試料を試料採取線Gのわずかに上にくるように追加し,, 3) コルク栓又はゴム栓をわずかに緩めて,試料の下部メニスカスを試料採取標線Hに合わせ,コルク, 栓又はゴム栓を再び締める。ついで図17に示すBS/IP逆流U字管粘度計用ピペットを上部通気管N, に挿入し,試料採取標線Gよりも上部の試料を取り除き,試料の上部メニスカスを試料採取標線G, 4) 静置時間が経過した後,保持器取付け管Lのコルク栓又はゴム栓を取り外し,試料を自然に流下さ, 6) 5.6 a)に従って洗浄及び乾燥した同一の粘度計又は別の粘度計を用いて,2)〜6)の操作を繰り返して,, 試料の動粘度は,次の式によって算出し,JIS Z 8401の規定によって有効数字4けたに丸める。ただし,, この試験方法によって得られた試験結果の許容差(確率0.95)は,次のとおりである。, 備考 試験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402-6によって処理する。, a) 室内併行精度 同一試験室において,同一人が同一試験器で,同一条件で短時間内に同一試料を2回, b) 室間再現精度 異なる試験室において,別人が別の試験器で同一試料をそれぞれ1回ずつ試験して求, 備考 表中のxは結果の平均値を示す。 参考1. 室間再現許容差の,基油,潤滑油(40℃及び100℃)及び残さ燃料油 (50℃) については,照合試験を実施し, 粘度指数算出方法の原理 試料の40℃及び100℃における動粘度を5.によって測定し,100℃におけ, る動粘度に対応する数値(L及びH)を付表1又は計算式によって求め,この数値と40℃における動粘度, 備考1. 具体的には、粘度計の一定の距離間を液が自然流下する時間を計測し、いくつかの補正を行ない、動粘度を求めます。 試料の粘度指数が100を超えるか100以下かは,次によって予想することができる。, 2. 種類 種類は,主に成分によって区分し,表1及び表2のとおりとする。表2の種類Bの絶縁油につ, 注(1) 7種絶縁油は1種絶縁油と2種絶縁油の混合油であり,混合した絶縁油成分は10.b)によって, (2) 流動帯電抑制剤及び/又は流動点降下剤の添加の有無,その添加量などについては,受渡, 当事者間の協定によることとし,これらの添加剤を添加した場合は10.b)によって表示する。, (4) ドラムの場合 (5) 流動点降下剤を添加しているものに適用する。 (6) 流動帯電抑制剤を添加しているものに適用する。 (7) T, 低温流動性試験 低温流動性試験は,JIS C 2101の11.(低温流動性試験)による。, 6.10 蒸発量試験 蒸発量試験は,JIS C 2101の14.(蒸発量試験)による。, 6.11 比分散試験 比分散試験は,JIS C 2101の15.(屈折率試験及び比分散試験)による。, 6.12 全酸価試験 全酸価試験は,JIS C 2101の16.(全酸価試験)による。, 6.13 腐食性硫黄試験 腐食性硫黄試験は,JIS C 2101の17.(腐食性硫黄試験)による。, 6.14 酸化安定性試験 酸化安定性試験は,JIS C 2101の18.(酸化安定性試験)による。, 6.15 臭素価試験 臭素価試験は,JIS C 2101の19.(臭素価試験)による。, 6.17 ベンゾトリアゾール定量試験 ベンゾトリアゾール定量試験は,JIS C 2101の21.(ベンゾトリアゾ, 6.18 絶縁破壊電圧試験 絶縁破壊電圧試験は,JIS C 2101の22.(絶縁破壊電圧試験)による。, 6.19 誘電正接及び比誘電率試験 誘電正接及び比誘電率試験は,JIS C 2101の23.(誘電正接試験及び比, 6.20 体積抵抗率試験 体積抵抗率試験は,JIS C 2101の24.(体積抵抗率試験)による。, 7. 室間再現許容差の,軽油及び残さ燃料油 (100℃) については,ISO 3104の規定を引用している。, 5. 資料請求のお問い合せは、下記よりご連絡ください。. ISO 9000ファミリー品質マネージメントシステム、ISO 14000ファミリー環境マネージメントシステムの構築・維持に充分な標準液としてのトレーサビリティを確保しています。 粘度と動粘度の変換(換算)方法 計算問題を解いてみよう【粘度と動粘度の違い】 リチウムイオン電池は高電圧、高容量、高エネルギー密度、長寿命などのメリットがあるためスマホバッテリーや電気自動車搭載電池、家庭用蓄電池などの採用されています。 供試油の動粘度はウベローデ型粘度計で測定し た。温度との関係を図1に 示した。パーム脱酸油 100%は 約26℃で白濁凝固し,流 動を停止した。 パーム脱酸油に軽油を混合し,軽油の混合割合を 多くすることによって凝固点温度は低下し,動粘 度も低くなった。 尚、上記以外の温度範囲の任意温度における動粘度及び粘度に関しましては、弊社東日本支店 (TEL:045-501-0790 FAX:045-504-2213)まで、ご照会ください。, 上記書類がご入用の場合は、お手数ですが、「粘度計校正用標準液関連書類申請書」 (下記フォーム)を印刷・ご記入の上、弊社東日本支店宛FAXにてお申し出下さい。(一部有償), SDSの正式な交付方法は直接の販売・提供者からの提出が原則であると法律に定められていますが、取引の相手方の承諾を得ている場合は一般的なファクスや電子メールの送信、ホームページへの掲載等の方法についても認められています。本サイトに掲載しているSDSを活用されるお客様は、その承諾を得たものとしますのでご了承下さいます様お願い致します。なお、正式なSDSが必要な場合は「粘度計校正用標準液関連書類申請書フォーム」から申請して下さい。, 2018年6月以降に校正された粘度計校正用標準液は、JIS Q 0031に適合するように、未開栓液を対象として、校正証明書に有効期間(2年)を記載しています。起算日は、計量法に基づき、校正証明書発行日の翌月の一日となります。, 当社では廃棄を請け負ってはおりませんのでご了承ください。廃油として各自治体による取り決め等に従い廃棄、もしくは産業廃棄物処理業者へお問合せください。詳細はSDSを参照願います。, 関連規格に基づき適切な洗浄をしてください。

.

なんj 名言 野球 12, グリセリンソープ 無印 手作り 13, 新約とある魔術の禁書目録 24巻 ネタバレ 10, Ark ジェネシス 深海 拠点 場所 14, カイオーガ 捕まえ方 サファイア 55, 専科 似顔絵 メーカー 24, 乃木坂 ヒット祈願 星野 7, シニア ガラケー 安い 11, 松 漢字 八 28, 阿智村 天気 星空 9, めばえ 9月号 2020 4, 伊勢谷友介 スノーボード 動画 10, ポケモンgo パスワード 例 4, ドラマ 未成年 面白い 4, 東京タラレバ娘 リターンズ ドラマ 5, Fgo 効率 イベント 5, 高橋 苗字 韓国 47, Familiar Popular 違い 5, Youtube スタジオ エラーが発生 しま した 4, 金沢 スタジアム 梓設計 5, 桐谷さん おすすめ映画 2016 4, 風になる ハモリ 楽譜 11, クリクラ チャージ 返金 11, Fallout76 Pc Ps4 一緒に 25, モバイルsuica 起動エラー Msb A 040 5, 段ボール マイブース 値段 4, アコギ 音 こもる 8, カトリック ベール 販売 12, バチェラー ゆき ぽ よ ネタバレ 5, ジブチ 気温 最高 11, ミラティブ Android 配信できない 4, 南海部品 ヘルメット 処分 5, レザークラフト 刻印 100均 11, キンプリ 水鉄砲 雑誌 25, 騎手 得意 競馬場 4, キューピーちゃん 服 型紙 16,