だから殺さないといけなかったらしい」, しかも、殺すときは、聞いてるだけで晩飯が食べられなくなるほどの内容で殺されるらしい。, 後々聞いた話によると、Aが○△でなくなったという理由はいろいろあったらしい。 !」, 父親の通報から3分以内に駆けつけた警察は、ベビーシッターと2人の子供を血溜まりの中で発見した。, 以前の住人は、家中の壁と天井に壁紙を貼っていたため、私の作業は膨大でしたが、次第に壁紙を剥がすことに快感を覚え、不思議な感覚に満たされていきました。, 壁紙が破れないよう上手に剥がすことが出来ると、日焼けした時に肌がペロンとめくれた時のような、爽快感が味わえたんです。, 気になった私は、壁紙に書かれていた人名をグーグルで検索すると、恐ろしいことが明らかになりました。, 行方不明で捜索願が出されている人の名前と、姿を消した日付が、我が家の壁の記述と一致したのです…, 翌日、私は壁紙の下に隠れていた人名と日付のリストを作成して警察に通報すると、すぐに捜査員たちがやってきました。, 「これまでに剥がした壁紙はどこにありますか?あなたが剥がしていたのは紙ではありません。おそらく行方不明者の皮膚でしょう」, ある日、私はママに内緒で地下室へ降りてドアを開けたんだけど、そこには子犬なんていなかったの。, 「チャーリーと一緒じゃないと、何をやっても退屈なんだ」と文句を言うと「チャーリーはもっとつらいんだよ」と言われた。, オモチャの金庫の中には、目玉のえぐり取られた近所の家の猫が入っていたり、通りの向こうにある公園のすべり台にパパのカミソリが落ちていたり、ママのビタミン剤とお菓子の乾燥剤が入れ替わっていたり…, 当初、警察は殺人事件として捜査を進めていたが、後に、農場の井戸からビデオテープが発見され、捜査員は頭を抱える。, 女性はオーブンを開けると、何を思ったか自分から中へ入ってしまい、中からオーブンを閉じてしまった。, 警察は周辺住民の混乱を避けるため、テープを発見したこともショッキングな映像の内容についても公開しなかった。, そして最大の疑問は、ビデオに映っていた女性と、発見された遺体の身長が全く違っていたこと…. もう結構なお歳だったお師匠さんは、亡くなってしまったんだそうだ。, お師匠さんのおかげでなんとかやっていたお寺の協力も、いなくなったとたんに、 URL:https://www.怖い話.com/ ハッキリいってボロいお寺だったけど、なぜか塀に沿って石の玉がゴロゴロ並んでる。 | 心霊系や非心霊系など幅広いジャンルの怖い話ランキング100をまとめてみました。 全ての長編・中編・短編の中から選んでいます。 あくまで俺的ランキングですから、「 の方が怖い」と思う事が多々あるかもしれません。 便宜上お師匠さんとします)が、Aの祖父母と付き合いがあったので孫の顔を拝みに来たという。 「もう大丈夫やし」と言ったという。, 自分とAは村に着くと、実家ではなく、まずお寺に向かった。 それでも、Aの母方の祖父母は娘自慢に孫自慢で、近隣にふれて回るような喜びようだったそうな。, そうしたある日、高名なお坊さん(前述の住職のお師匠さんです。 ある日突然『お代わりさん』が壊れなくなったんだそうだ。 「●●さん(お師匠さんのこと)は、ぼんのお代わりさんが足りんで、何から何までお代わりさんにしたんやし。 店先にジュース出してたオバチャンに食ってかかったそうだ。, 「なんなんすかここ!なんで売ってくれないんです?俺なんかしたっつーんですか!」と怒鳴りつけると、 「おー。大きなったなあ、お寺さんおぼえとるか?」と、母親の向かいに座っていた住職が声をかけてきた。 そう言ってお師匠さんはAを預かって、お寺で育て始めたそうだ。  わしのベンツ(愛車カブのことらしい)もお代わりさんにされそうやったし」 でも、電気水道にネットまで通ってるんだけどさ。, 列車に揺られて10時間とかそういうレベル(大半が待ち時間だけど)だったので、 Aの母親は事態が飲み込めず、凍りついたように立ち尽くし、 全ての長編・中編・短編の中から選んでいます。 心霊系や非心霊系など幅広いジャンルの怖い話ランキング100をまとめてみました。全ての長編・中編・短編の中から選んでいます。 都市コロブログ 厳選記事. 本文 671 :本当にあった怖い名無し:04/09/10 01:17 ID:0l3qn2Oi 今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通ってた頃の話です。 昔はお寺さんが幼稚園を経営してるケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。 今にして思うと園の横は納骨堂だったし、その隣は古い墓地だった。 夕 … Aが12歳くらいまではお寺にずっといたそうなんだけど、 自販機もないし、何か飲むものをと思っても売ってくれなかった。 「ちょっと!」と声を荒げたところ、いきなり、, 「ぎゃぁあああ~~!!助けて~~~~!!!○△やぁ~~~!!おとうさ~~~ん!!!」 お互い厄介ものの押し付け合いで、どうにもならなくなってしまったらしく、 なおも罵声は止まない。, とたんにお師匠さんが仁王様のような形相に変わっていき、 駄菓子屋みたいなところに入って、声をかけたら、「もうウチは閉めるよ!帰って!」と追い出され、 訪問客は履物もそのままに、逃げ出してしまったらしい。, その日の夜、祖父母と母親、お師匠さんが真っ青な顔で相談していたところに、 Aと母親は村に戻ってきたという。父親は単身赴任。, その周辺ではいいとこの家だったそうで、 Aの母親は、まさか両腕の中にいる赤ちゃんが言ったとは思わなかったんだろう。 それも1個2個じゃなくて、何十個っていう数。なのに、どれも砕けてたり、真っ二つだったり。 マジで一度は読んでほしい2チャンネルの怖い話を紹介します。怖いだけじゃなく、面白い。とにかく世界にグングン引き込まれて、気がつけば一致読みしてしまうほどの面白さです。おすすめをランキング … あたしの怖くない話。 理科室で遊んでたら、閉じ込められていた。しかも真っ暗。 イヤアアアア!と叫んでドアをガチャガチャしていたら、 鍵がかかっていただけだった。 何が怖いって、その日は先生は二人(冬休みの勉強会の)だけ。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 何年か前、当時大学生の親友のAから、奇妙な頼まれごとがあった。 高校生の頃からの付き合いだった自分にお鉢が回ってきたのだ。, 「お前も変わってるよな。母方の実家に友達連れて行くかね」 「○△!いねや!きなや!」とかそんな感じの方言で、 すると、それは亡くなったお師匠さんの遺言だったらしい。 「○△××□○□!」と、誰かがお師匠さんを口汚く罵ったんだそうだ。 「●●さんはな…そうやな…」 かたくかたくかた~~~く母親に言われていて、 心底イヤイヤついていったんだそうだ。, 自分も見てきたけど、本当にド田舎。娯楽施設なんてありゃしない。 白髪のおっさんが飛び出してきた。 有名な怖い話は、2ちゃんねるで有名、怖すぎて話題になった話やメディア、昔から伝承されている恐すぎる話、その他、怖すぎる事で殿堂入りした怖い話をピックアップしております。, Y君は関西の某大手製薬企業に勤めている。 しかし仕事柄、中々女性と出会えず、彼女がいないのが悩みであった。 そんな彼に、友人が彼の悩みを聞いて、 やはり同じような悩みを持つ看護婦さん達との合コンの段取りを付けてくれること…, ちなみに俺は今27歳。 昔のことは、ややうろ覚えの部分もある。 細かな描写はある程度、想像の部分もあるけど勘弁。 あと謎が多く残る、誰か分かった人が居たら書いた後に教えて欲しい。 スレタイにも書いたけど、これは俺が小学校…, 時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。 ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩いていた時  不幸にも数人の米兵にレイプされそ…, 会社の同僚が亡くなった。 フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で、休みがあればあっちの山、こっち…, ある新婚の夫婦が、夢のマイホームを購入した。中古物件ではあったが、ほとんど新築同然で、相場よりはるかに格安で販売されていたので迷わずに購入した。 ある日、廊下に落ちている赤いクレヨンを見つける。 夫婦には子供がいないので…, 俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。 俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、先月あったホットなお話を書き込もうかと思いここに来た次第。 一応話の主役の許可は取って…, 小学4年の頃の話。 当時、俺は仲良しグループの中で楽しく遊んでいた。 仲良しグループとは、 俺、俺の親友のKと、T、R(どちらも女)の4人の事。 この4人は小2~3と連続で同じクラスになり、 席も何回か近くなったりして自…, 俺が某飲食店で働いてた頃。 チェーン店の中でも古いが馴染みのお客さんや3世代で楽しむ人達がいたから、 トップクラスの売上を出してる繁忙店にいたんだ。 基本調理場なんだが、必要に応じてレジにもたつし接客もしてたんだが、 歴…, 毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、 二十年ほど前は、隣の家との間隔が数十メートルあるのがざらで、 田んぼと…, 大学時代、バイト代を貯めては、地方の廃墟に遠征したり、野宿したりしてた。 元々興味こそあれ、仕切るのはほとんどがその友達。 面倒だったり、金の都合がつかない時は断ってたんだが、 2回生の秋ごろ、どうしても行きたい廃屋があ…, 何年か前、当時大学生の親友のAから、奇妙な頼まれごとがあった。 そう…ちょうど、こんな蒸す季節のこと。 「俺の母方の実家に一緒に行ってくれ」 「ボク…男の子だよ…本当にいいの?」 なんでも、前年20歳になるときに母親に連…, 昔、家の近所の山に粗末な山小屋があって、そこにオナガさんって人が住んでいた。 めったに山から降りてこなくて、なんの仕事をしていたのか分からない。 オナガっていうのもどんな字か知らないし、もしかしたらオオナガだったかもしれ…, 背筋も凍る怖い話を短編、長編にて紹介! それをお師匠さんが「絶対にさせん!」と、頑として折れなかったという。, 「やってみよしな」(やるだけやってみようよ、みたいな意味らしい) その割に来客もないし(祖父母に挨拶したくらい)、俺何しに来たんだ?っていう感想だったそうな。, さすがにゴロゴロし飽きたのか、家を出てお店のある辺りまで散歩していったんだと。 「その代わり、○△だったら、石で頭を割って命を奪え」とも遺していたんだそうだ。 URL:https://www.怖い話.com/ カラカラと笑ったが、ふと真顔になって、 巣くうものシリーズ 全8話|怖い話 シリーズ まとめ. ○△は口に出してはいけない。(Aは『アレ』とか、『そういうの』とかで表現してた)憑かれるらしい。, 住職に事情を聞いて、Aはいくらか混乱しながらも落ち着いたらしく、 まぁそれでも結構な家柄の母親の手前、成人した息子をお披露目に…とかそういう話なんだろなと、 管理人:怖い話.com, 怖い話が好きでブログ更新してます。 Aの母方の実家ってのは、とある山間のちっさい村で、ドがつく田舎だった。 と、ものすごい声で叫び出したという。, すると、店の奥から木の棒(枝じゃなくて棍棒みたいな奴だったらしい)を手にした、 定まった名前があるわけじゃないんだけど、『そういうもの』に対してつかうものらしい。 ちょうど自分らは、愛車のカブに乗って住職が帰ってきたところに居合わせ、  なんなのかはよくわからん。昔は結構あったらしい。 ブログを報告する, 深夜、真っ暗な家の中に「カン、カン」という音が鳴り響いた。その原因を探るため「私」と彼女の姉は居間に向かい、恐ろしい心霊現象を目の当たりにする。この日の体験がきっかけとなり、「私」の家族は不気味な. 家に逃げ込んだそうだ。, 「母さん!なんなんここ!マジヤバイって!マジで!」と、来客中にもかかわらず母親に詰め寄ったA。 ところが、Aのお母さんは何も言わずに下を向いてしまったらしい。 そのときは、Aの家(家っつーかお屋敷級でしたが)を松明をもった住民が取り囲んで、 たぶん自分が小さい頃に挨拶した人なんだろうなと、記憶にないので、 その石碑には集落独自の恐ろしい秘密が隠されていた。, 小学生のとき、近くの裏山に秘密基地を作っていた。3人は秘密基地で一夜を過ごすことにするが怖くなり下山することに。しかし下山をしている途中に、 管理人:怖い話.com. Aを追い払う…というか、それこそ命も狙わんばかりだったそうで、 手持ち無沙汰ということもあって、ぽつぽつと、去年あったという話をしてくれた。, 去年、Aは20歳になるときに必ずその村に来るようにと、 オカルト、怖い話、ホラーのジャンルが好きな方にオススメのブログです。 Aが持ってきたお酒とお土産を置いて、お寺を出る事を告げた。, 「○△はな、人が不幸になるだけなんよ。○△本人が周りを巻き込んで、どんどん不幸にしていくんだ。 ゲーセンもなければPS2もおいてない。コンビニも山2つ越えたところにあるとかないとか、そういう世界。 それも、威嚇とかじゃなくて、思いっきり振り下ろしてくる。 「もし20歳までAが○△でなかったら、もう大丈夫だ」と。(その判断はどうやるのかは分からないけど) そこで、それは起きた。 かといって住職もどうしようもなく、結局親元に帰すことになったという。, 「そのときはえらく無責任だった」と詫びてくれたそうだけど、 2019.12.17 『邪視』 |本当にあった怖い話【長編・オカルト・都 … 騒ぎを聞きつけた周囲の住人も、遠巻きにAを囲もうとしていたらしい。, あとはもう必死で山道を駆け上り、なんで?なんかしたんか俺?と自問を繰り返しながら、 ああ、はい、とかそんな返事をして、Aは改めて母親に今あったことを説明し出した。, すると住職は、 それほど恐ろしいものだったらしい。, 住職はそこまで話してから、Aにニッコリと微笑むと、  ○△がいるだけで不幸になる。 恐ろしいことに、どうやら祖父母と母親はAを…Aの命を奪う方法について話をしていたらしい。 洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40話は、読み終えたことを後悔する恐れもあるので、ここから先の怖い話は閲覧注意の自己責任で … ヨソモノ嫌いにしたって程があるだろと、さすがにカチンときたA。  何しても人が病気になる、命を落とす、家が没落する、作物が取れない、家畜が死ぬ。 すこしはなれた村にいた住職が呼び出されて来た。 詳しい話は聞きそびれたんだけど、3つか4つのお寺で持ち回りみたいな感じで、 ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪ そこまで言うと、スタスタと奥に入って行き、程なくしてなにやら包みを持って戻ってきた。, 「●●さんや」 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40話は、読み終えたことを後悔する恐れもあるので、ここから先の怖い話は閲覧注意の自己責任でどうぞ…, あるネットの掲示板で、70年代にアメリカで放送されていた子供向けのテレビ番組が話題となっていた。, 主人公の幼い女の子が「海賊と友だちになることを想像する」シーンから始まり、可愛らしいパペットキャラが続々と登場する、低予算のセサミストリートみたいな番組だったらしい。, 当時「キャンドル・コーブ」をリアルタイムで視聴していた人たちの間で、あるエピソードが話題となった。, 通常は、女の子とパペットキャラクターの楽しい会話で展開される番組が、唯一1話だけ、画面に登場するキャラクター達が終始叫び声を上げ、恐怖した女の子が泣き叫んでいる、不気味で意味不明なエピソードが放送されたそうだ。, 「あなた、毎回『キャンドル・コーブ』見てたじゃない。番組が始まると、テレビに釘付けで、私やお父さんが話しかけても全く反応しないから、不気味に思ってたのよ…」, 父と母は、たまには夜の街で羽根を伸ばそうと、信頼できるベビーシッターに子供の世話を頼むことにした。, そこで、子供たちの父親の携帯に連絡して「子供たちは寝ているからテレビを見に2階へ行ってもいいですか?」とたずねた。, 父親がテレビを見ることを許可すると「あと、もう一つよろしいですか?」と、ベビーシッターは質問した。, 「子供部屋の窓から見える、庭の天使の像にブランケットをかけて隠してもいいですか?とても気味が悪いので…」, 「すぐに警察へ連絡するから子供を連れて家から逃げてくれ!!うちに天使の像なんて無いんだ! マジで一度は読んでほしい2チャンネルの怖い話を紹介します。怖いだけじゃなく、面白い。とにかく世界にグングン引き込まれて、気がつけば一致読みしてしまうほどの面白さです。おすすめをランキング … 2019.10.31 2020.08.19. それこそ今にも焼き討ちをせんばかりだったそうな。 それで大丈夫、ってなったらしい。, 背筋も凍る怖い話を短編、長編にて紹介! この辺で罵声の主が赤ちゃんだと、周囲の人も気がついたという。 毎日ひっきりなしにAを見に来る人で、ちっとものんびりできなかったとか。 3人は人の気配を感じる。, 神社の神主をしていた彼の元に、友達が持ってきたパズルのような箱。封印された呪いの箱『ことりばこ』を解放させてしまう。その箱の正体は‥, 夜遊びや悪さをしていた怖いモノ知らずの少年三は曰く付きの森へと向かい、高い柵で囲まれたエリアに立ち入ってしまう・・・。彼らの末路は・・・?, 夢の中で、駅のホームにいると、遊園地にあるおもちゃのような電車がやってきた。アナウンスで、乗ると怖い目に遭うと説明されるが、電車に乗ってしまう・・・。, 田舎にぽつんとある玄関や入口が見つからない変わった空き家。大人達は子供たちがそこへ行かないように注意するが。, 娘を連れてドライブに出かけた父が、娘を驚かそうと舗装もされていないような脇道へ入り込んだ。すると、急にエンジンが止まってしまい‥, 主人公が住んでる田舎のとある場所に巨大な宗教施設が建設された。幼い頃は悪魔教だの般若団体だのと言っていたが、実際は恐ろしい施設だった。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 「死ぬ程洒落にならない怖い話」「本当にあった怖い話」「都市伝説」などから厳選した怖い話を読み易く掲載しています。. ●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。, 心霊系や非心霊系など幅広いジャンルの怖い話ランキング100をまとめてみました。全ての長編・中編・短編の中から選んでいます。, あくまで俺的ランキングですから、「○○の方が怖い」と思う事が多々あるかもしれません。何かオススメの怖い話があれば是非教えて下さい。, 何の変哲もない田舎町に、謎めいた空き屋があった。その家に興味を持った子供たちが探索しに行くのだが…。, 鏡の前で「してはいけないこと」をしてしまった「俺」は、ある怪異を呼び寄せてしまった。事態はどんどん悪化していき、やがて恐ろしい結末を迎えてしまう。, 「リゾートバイト」ほどじゃないですが、そこそこ長い話です。「あの人は、何でああなったんだろう?」と考えると、背筋が寒くなりました。読み終えた後で、色々な想像をしてしまいます。, 手の付けられない不良達が、踏み入る事を禁止された森へと向かった。意気揚々と進む彼らだったが、おかしな気配を感じ始める。, 不思議な少女ナナは、鏡の中だけにしか現れない。ナナと仲良く遊んでいた「私」は、次第に恐怖するようになり…。, 2人の男子小学生が廃墟を探検していた。彼らは、途中で出会った謎の少女と共に探検を続けて、一番奥にある部屋まで進むことにしたのだが…。, 連日の激務で疲労困憊した会社員達が、エレベーターのメンテナンスのため非常階段を使って退社することにした。彼らは、暗く汚い階段を降りている途中で、背中に張り付くような異変を感じ始める。, 臨場感のある文章なので、非常階段を降りている光景がありありと目に浮かびました。逃げ場がなく、追いつめられていくような怖さがあります。, 投稿者がまだ幼い頃に、公園で「サヨちゃん」という謎の多い少女と知り合った。やがて投稿者は、薄気味悪い「サヨちゃん」のいいなりとなってしまう。, 大学生達が、海に近い旅館でバイトをする事にした。充実した日々を過ごす彼らだったが、「誰もいない筈の二階」に興味を持ったことで状況が一変する。, かなり長い話ですが、非常に読みごたえがあります。「怖い話」としても質が高いけど、普通の読み物としても面白かったです。, 本州を縦断する事にした「俺」と友人は、気楽に旅を楽しんでいた。そんな彼らは、おかしな格好をした男のキャンピングカーに乗せてもらうことにしたのだが…。, 文章力が高いので、スラスラと読めました。非日常感が上手く表現されていると思います。 初めて読んだ時は深夜だったんですが、かなりビビリましたw, 不良グループが山奥にある心霊スポットに向かっていた。ところが道中で奇妙な少女2人と出会い、行動を共にする事になる。それから謎の多い2人の少女は、彼らを「もっと怖い場所」へと誘い込み…。, 中学生の「私」とS子は、クラスメイトのF美の家を訪ねた。F美の部屋に招かれた二人は、人間のように扱われるマネキンと対面させられる。, ある古寺の解体中に、作業員が曰くありげな木箱を見つけた。それを聞いた元住職は「絶対に開けるな」というが、箱の封印は解かれてしまい作業員達に恐ろしい災厄が襲いかかる。, 不思議な石を拾った直後から、投稿者の周辺でおかしな出来事が多発するようになる。それらの出来事には、奇妙な関連性があった。, 二人の小学生が度胸試しをするために、薄暗い竹林の奥へと向かった。そこで彼らは、思いがけない光景を目撃することになる…。, 会社の先輩から「面白い行事があるので、実家で一緒に年越ししない?」と誘われた投稿者。彼女は何の疑問も持たず誘いに乗る。だが、その先輩が言う「面白い行事」には、驚くべき秘密が隠されていた。, 深夜、真っ暗な家の中に「カン、カン」という音が鳴り響いた。その原因を探るため「私」と彼女の姉は居間に向かい、恐ろしい心霊現象を目の当たりにする。この日の体験がきっかけとなり、「私」の家族は不気味な霊障に巻き込まれてしまう。, 大学生のスレ主は、家庭教師のアルバイトをする事にした。しかし電話を掛けてきた相手は、人形を自分の子供だと言い張る女だった。, 3人の小学生達が、裏山の秘密基地でよく遊んでいた。ある夜、彼らは基地の近くで不審者と遭遇してしまう。その出来事がきっかけとなり、恐怖の日々が始まった。, 2台のバイクが生駒山をウロウロしていると、池がある小さな公園に通りがかった。バイクに乗っていたカップル達は、その池の周辺で異変を感じ…。, 寒い冬の日、投稿者は「血だらけの女が橋の上で倒れている」と父親に知らされる。二人は、慌てて橋の上に向かったのだが…。, 投稿者が幼い頃、祖父の仏壇に正体不明の存在がいた。その存在は後に、投稿者達を戦慄させる事となる。, 投稿者は、夜中に家の屋上から街を眺めていた。そうして、静寂に満ちた街の風景を楽しんでいた時に、あるものを捉えてしまい…。, バイク好きの仲間達が、ある心霊スポットに行き不思議な体験をした。それをきっかけにして次々と怪奇現象が起こり、彼らを震え上がらせる事となる。, 恋人同伴の旅行から帰ってきた兄が何故か意気消沈していた。部屋に引きこもった彼は、「洋子から電話がきても自分の在宅を知らせるな」と力無くいう。次の日、兄の恋人・洋子さんから電話が掛かってきて…。, 小学生3人が、存在する筈のない井戸を発見してしまう。好奇心に駆られた一人の少年が、その中を降りていくと…。, 車で東北を一人旅していた男が、おかしな女を見かけた。全く行動が読めず、どういう存在なのかも分からない相手に、彼は震え上がるのだった。, AランクやBランク程ではないですが、そこそこ怖い話です。 ただ「怖さ」以外の要素なら、上で挙げた話より優れた部分もあると思います。, 暇をもて余した大学生3人が廃病院で肝試をした。最初の内は余裕があった彼らだったが、後に自分たちの軽率な行動を強く悔いることになる。, 祖母の家に来ていた二人の兄弟が、田んぼの向こう側に奇妙なものを見つけた。二人が、その怪しい物体を見続けていると…。, 投稿者が幼い頃に母親に叱られていた。しかし投稿者は、その状況に段々と異常性を感じ始める。, 女子大生がバイト感覚で始めたライブチャット。固定客も数人でき気楽にチャットで稼いでいたが、その内の一人の態度が急変しとんでもない事態を引き起こす。, 愛犬と共にキャンプをしていた青年が、禍々しい化け物に目を付けられてしまう。そのため彼は、化け物から必死に逃げるが…。, ある日、「僕」はヨッシーから同窓会の連絡を受けた。すぐに幹事に電話するも、いくつかの奇妙な点に気づき戦慄するのだった。, 赤い服を着た不気味な女が、噴水周辺をうろついていた。いつもなら気にとめない「私」は、女がいる方向に顔を向けてしまい…。, 山頂にあるアンテナ施設で、「私」は妙な痕跡を見つけた。彼女と上司2人は「イタズラか?」「動物の仕業か?」と訝しむが、犯人の正体は判然としない。不審に思いながらも点検をしていると、辺りに不気味な声が鳴り響いた。, 投稿者は、友人からの「部屋から出られなくなった」という電話を受けた。急いで友人の家に駆けつけるも、まるで理解できない事態を目の当たりする事になる。, 何の気なしに「走る男」というビデオを購入したA。しかし、映し出された内容はAをパニックに陥らせる、とんでもないものだった。, 人通りのない道で出会った不審な女性。眼が見えないという彼女の行動に、投稿者は疑問を抱き始める。, 深夜、助手席に座っていた友人が怖い話をし始めた。それに呼応するかのように、車外で異変が起こる。友人が話始めた理由に、投稿者は驚愕するのだった。, 金に困った投稿者が、旅館のバイト募集に電話を掛けた。しかし求人に応募した直後から、彼の周りで異常な出来事が頻発する。, 一週間ぶりにワンルームマンションに帰ってきた投稿者は、不意に信じられないものを目にしてしまう。, 友人に看護士さん達との合コンを取り付けてもらったY。ハプニング続きの合コンは三番目に現れた男によって、不気味な結末を迎える。, ある日を境に、階下から大勢の人の声が聞こえるようになった。投稿者は下の階の住人と騒音の原因を探るが、事態は意外な展開を見せるのだった。, ある家の納屋から、珍しい形をした箱が出てきた。その小さな箱・コトリバコは、過去のおぞましい悪習によって作られたものだった。, 投稿者は、「地元の山には祟り神がまつられている」という言い伝えを聞く。そして、祟り神以外の恐ろしい「何か」の存在を知らされるのだった。, 仕事を終えた投稿者が家に帰ってくると、母親が耳を塞いで震えていた。顔を上げた母親は「おまえ、どこから家に上がってきたの?」と言う。その直後に、誰かが玄関を叩き始めた。, 祖父母の家に遊びに行った小学生の兄弟。二人が池で遊んでいると、「よくわからないもの」が近づいてきた。そして彼らは、自分達の家系にまつわる秘密を知る事となる。, 仲間全員の進路が決まった事で、卒業旅行を計画していた大学生達。だが諸々の準備を済ませた矢先、彼らの中に不振な行動をとる者が現れ…。, 夏休みの前日、8人の少年達が廃屋を探検をしていた。そして家の中を調べていく内に、彼らは幾つかの異常な点に気づく。, 鞭打ちで休職中のAは、余ったピザを上の階に住む子供達に分けてあげようとする。彼は子供達の部屋を訪ねてみるが、あるおかしな点に気づくのだった。, 大して美味しくない地味なハンバーガー屋の調味料置き場に、「調味料の類いは、一度召し上がってからお付け下さい」というメッセージがあった。投稿者はその注意を無視し続けていたのだが…。, 投稿者の祖父のお通夜が終わった後で、「拝ませてほしい」という不審な男が現れた。仏と向かい合ったその男は、怪しい行動を取り始める。, 5人の高校生が、森の中にある貸し別荘で夏休みを満喫していた。しかし怪しい人物との遭遇を皮切りに、恐怖の一夜を過ごすはめになる。, 森の中に遊びに来た小学生達。他校の生徒を待っていた彼らは、自分達を誘導するような呼び声を聞く。そして、目の前に糸のようなものが垂れてきて…。, 「会っても目を合わしてはいけない」という不思議な客・おおいさん。ある日、平然とレジの前に現れ、恐ろしい事態を引き起こしてしまう。, 原付に乗っていた若者達が、田舎道で霊障に遭ってしまう。説明の付かない奇妙な体験をし、困惑する彼ら…。だがそれは、更に恐ろしい出来事の幕開けでしかなかった。, 古びた温泉宿に宿泊する投稿者とその彼女。嫌な予感が当たり次々と心霊現象に見舞われてしまう。, toshikoroさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

.

プロスピa 大野雄大 リアタイ, Outlook 受信メール 背景色, キーボード 矢印キー 動かない, アリ エクスプレス 国際 送料, Word 目次 表示されない, Google 再設定用のメールアドレス 同じ, ノータッチ 泡ハンドソープ 自動ディスペンサー, Vba オプションボタン セルに反映, 紅蓮華 カバー 芸能人, ローソン パン 新商品, 枝豆 防虫ネット プランター, ラパン ミラー ボタン, ハンムラビ 法廷 キャスト Ex, パキラ 葉っぱ 茶色, メルペイ キャンペーン 6月, エクセル グラフ 文字 揃える, マツダ タイタン エンジン かからない, 東京駅 改札内 みどりの窓口, 東銀座 居酒屋 安い, プロスピ2019 球速 設定, スーパーカブ C125 最高速, 金沢 金箔体験 タンブラー, 写真切り抜き パソコン 無料, アスナ フィギュア 予約,